しもえもんのぶろぐ

しもえもんのブログ。思ったことを思ったままに。合唱好きの高専生。

長野県リーダーズコールのおはなし(第1話)

1月22日
第2期長野県リーダーズの第3回練習日でした.
武田先生にご指導いただき,とても充実した一日になりました.
本当にありがとうございました.

 

なにか専門的なことを言ったらカッコいいような気もしますが,僕は音楽に関して知識も技術ももっていないので歌についてのコメントは全然できません.
ですが,生徒目線の県リーダーズ雰囲気様子について投稿してみようかなぁ~と思い,やってみることにしました.


初回である今回は,発足した日の話を振り返ってみようと思います.
とても乱文で言葉遣いが悪いです.ご承知おきください.

 

**********

 

第1期県リーダーズから引き継がれた第2期県リーダーズは,半分近くが第1期を経験してきたメンバーで発足しました.


僕は県リーダーズどころか北信リーダーズにも今年度の9月から入ったばかりの超若輩者で,最初の練習時にキッセイ文化ホールのリハーサル室に入った瞬間に感じた周りの「つよそう」な雰囲気と「(部屋の)暑さ」で泣きそうでした.
しかも高専からは引率の先生もいらっしゃらない上,生徒も僕1人しか参加していなかったので右も左も上も下もわからず,パート練習でも中々馴染めず,楽譜も読めなかったのですがなんとか,北信リーダーズの知り合いの人にすがって,蹴っ飛ばしました(※「サッカーによせて」を歌いました).

 

いつの間にか運命の役員選出ミーティングの時間です.
2年生はアルトの子が仕切っていて,「男女別れてそれぞれ代表者一人出して,1期県リから決めようぜ~~」という案が出ました.


そこで男女が別れ,かつ1期県リのメンバーである人たちが話し合いをしていました.
女子の方では,各地区のリーダーズの中からやりたい人が一人ずつ出てじゃんけんで決めていたそうなんですが,男子の方はというと,ずっと話し合いをしていました.
話し合いをしていました.
話し合いをしていました.
…かなり長い
そこで僕が男子代表になりました!(?)

 

女子代表の子も出てきて,今度は「どっちが団長か」で揉めました.
僕は「リーダーズ未経験!」と言い,
彼女は「向いてない!」みたいなことを言っていました.

 

「やってみたい」の僕と,「やるべき」な彼女.
色々な葛藤は募るばかりでした.

 

最終的に,事は一瞬で片付きます.
なんということでしょう,僕が団長になりました.

 

(今思えば,先生がご用意してくださった資料にあった注意点を全然守っていませんでした.)
(本当に申し訳ありませんでした.)

 

と,なんやかんやで第2期県リーダーズは始動しました.

 

みやぎ総文2017に向け,今後どうなっていくのでしょうか.
来る信州総文2018に向け至る所で準備は進んでいますが,まずは足元をおろそかにしないようにしなければいけません.

 

みやぎ総文がただの 通過点 になってしまうようでは,信州総文は成功しないはずです.

練習を重ねることも大事ですが,県リーダーズ全員が心を重ねることが何よりも大事なんじゃないかと思います.

 

まだまだこれからです!