読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しもえもんのぶろぐ

しもえもんのブログ。思ったことを思ったままに。合唱好きの高専生。第2期長野県リーダーズコール団長。

県リーダーズのおはなし 第4話「いしき」

10人いれば10通りの思いがあるわけで、100人いれば100通りの思いがあります.
自分の中でまとまっていない思いを県リーダーズのグループ通話で10人くらいにそのまま打ち明けてみたんですが、そのほとんどの人がFacebookに思いをのせてくれたり、LINEで自分の考えやアドバイスを言ってくれたり、とてもうれしかったです.
文章になっている部分はもちろん、行間を読むくらいの勢いで全てを熟読しました.
 
そして、冒頭で書いた通り、やっぱり大半の皆は県リーダーズに参加するにあたって何か意思をもって来ているんだなぁと改めて感じました.
本当に大好きで尊敬していた先生から言われた言葉でこんなものがあります.
 
『どんな動機であれ、その集団に入ったからには真剣に取り組まなければならない。低い意識の人を排除するのではなく、一緒に高い意識で取り組むにはどうしたらいいか考えることで、みんなが成長できる。』
 
この言葉、今の僕の考え方にとても深く根付いています.
例えばルーム長、生徒会役員、部長、会長、団長など、まとめる側の立場になると必ず、集団の中の意識の差に気付く瞬間ってあると思います.
どうやっても意識の差は必ず生じます.そういう現場をずっと見てきました.
 
特に顕著なのは学校の授業です.
意識の低い人(寝ている人など)を無視するような授業、敵視する授業、軽蔑する授業・・・様々な授業があると思います.
これらは全て、意識の低い人を排除する授業です.
いつまで経とうとその人の意識が前向きに変わることなんてないでしょうね.
でも、全員が高い意識をもって取り組めるように工夫されている授業ってのも少なからずあります.
違っているのは先生だけです.
 
意識の低い人が生まれるかどうかって、その集団をまとめる人にかかっていると思うんです.
 
僕はこれまで、県リーダーズの何人もの人と話をしてきました.
各校の部長さんとかリーダーシップのある人の考えも、あまり前に立つのは苦手だなぁっていう人の考えも、たくさん聞きました.
みんなすごい人ばっかりなんですよ.この県リーダーズ
とても秘めているチカラが勿体ないくらい、みんなすごいんですよ.
チャンスがあれば、輝ける人ばかりです.
 
だから僕は、毎回の県リーダーズで隅っこに座ってるような人に話しかけてみたりしてます.
「うわっ団長サンですか…?!」みたいにリアクションされますけど、話してみると「特に喋るような仲いい人もいないので隅っこで座ってます…」とかいうんですよ.
でもこういう人って、周りを見る目がとても秀でてるんです.
僕は何か困ったら、まず聞いてみることにしてます.
「これはどう思う?」とか、「どうしたらいいかな?」とか.
予想をはるかに上回る答えがポンポン出てきます.本当にすごい人たちです.
 
しかもこうやって頼っているうちに自然とその人は確実に意識が高くなっていきます.
もうプラスのことしかないです.
 
まあもちろん、僕の進行のここはこうしたら良いんじゃないかとか、県リーダーズへの思いは強いけど声は弱いとか(ただの悪口…笑)、僕への意見もたくさんくれます.
 
「今までなんでこんなすごい意見言わなかったの?」と聞くと、皆は口をそろえて言います.
 
「言える環境じゃなかった」
「言える仲間がいなかった」
 
意識は確かに低いかもしれないけど、排除するようじゃやっぱ変わらないんですよね.
少しの工夫次第で、その人の意識なんて変わると思います.
 
『成果=情熱×能力×考え方』という風に言う人がいます.
人による差が少ないのは能力.
でも、能力の差を1~10だとすると、情熱の差は1~100くらいあるそうです.
考え方は、プラスかマイナスしかない.
この式は掛け算なので、どんなに情熱や能力が高くても、考え方がマイナスなら成果もマイナスになってしまう.
 
プラスの考え方で、高い情熱をもって、もっともっと、頑張っていくしかないです!
 
歌が上手い集団は仲が良い、ということを前にも述べたんですが、「歌が上手くなりたい!」という意思で県リーダーズに臨んでいる人たちには、僕からすればぜひ、色んな人を巻き込んでほしいです.
自分の周りの一部だけで歌うとか、集団の中で集団をつくることも良いとは思うんですが、せっかく県で集まっているんだから、もっと全体で動きたいなぁって思います.
まぁ…僕は歌が上手くないので、巻き込んでほしいなぁ…なんて思ってます(笑)
 
この投稿を書いていて、気持ちが整理できたように感じます.
しかし図らずも「君が君に歌う歌」を聴きながらこの投稿を書いてしまったために涙が溢れそうです…笑
 
この歌詞めちゃくちゃ好きです.
 
清流と 濁流を 乗り越え
倒れたら 立ち上がり
汚れたら また洗って
君は 大人になってゆく

Nコン問題について

~数十年前~

NHK「課題曲どんどん難しくしてくで」

合唱人「難しすぎる!参加しない!」

→参加校数の減少

 

NHK「参加校も視聴率も減ってしまうどうしようか…」

 

~ここ数年~

NHK「親しみやすいポップスにして、難易度も易しめにしたで」

合唱人「すごい!楽しい!参加しよう!」

→参加校数の増加

 

~最近~

NHK「今年はAKBさんの力借りてもっとNコンの知名度上げるで」

合唱人「なんだこの曲は!簡単すぎる!これじゃ教育に悪い!」

指揮者「NHKに直訴する!昔の本格的な合唱曲にしろ!」

NHK「」

#Nコン2017 「君が君に歌う歌」考察②

不思議なことに「君が君に歌う歌」や「君が君に歌う歌 歌詞」と検索するとこのブログが出てくるそうで…恐怖を感じております.

 

課題曲の歌詞についてはコチラ( 課題曲紹介 | NHK )をご覧くださいね.

 
僕は単に考察しているだけなのです.
 
それでも読んでいただけるという方は,読みづらさ,うざったさをご了承ください.
 

 

はじめに

前回同様,今年の高校の部の課題曲についての情報です.

タイトル:「君が君に歌う歌」

作詞者:リリーフランキー

作曲者:大島ミチル

 

課題曲の音源についてはこちら↓


Nコン2017 高等学校の部 課題曲 「君が君に歌う歌」 混声四部合唱【Full ver.】

 

 

フルバージョンとショートバージョンがあるのですが,都府県地区の全コンクールでフルバージョンを歌うという発表がありました.

何のためのショートバージョンなのかとも思いましたが,もしかすると予選のある県などで使われるのかもしれませんね.

それとも,何か違う意図があったのでしょうか.

 

ここからは考察です.

前回のを読んでいない人はこちらから↓

shimoemon.hatenablog.jp

 

それでは考察②いってみましょう!

僕は君に未来を突き付けられる

さぁ歌詞を見ていきましょう.

まずはこの部分.(奇蹟的にという漢字が間違っています申し訳ありません)

f:id:shimoemon:20170415205904p:plain

 

前回の考察で「君」が「現在の自分」であるということが分かったことを踏まえて読み進めると…

「高校卒業」→「大学入学」→「恋愛」→「別れ」→「大学卒業」→「就職」

という流れになっているような気がします.

まぁ大まかなところは分かるかと思います.

 

ちなみにここでは二つの「涙」が出てきます.

*相手の痛みをわかるようになったから止まらない涙

*自分の可能性を信じているから止まらない涙

深いですねぇ…想像すると泣けてきますが,ここに述べた通り,二つの涙は全く違うものですね.

歌い方も変えていく必要がありそうです.

 

次に行きましょう.ここも独特です.

最初に「偶然なんて本当はなくて」とありますが,最後には「奇蹟的に出会えたって気づく」とあります.

同じもののようにも考えられる「偶然」と「奇蹟」ってどう違うんでしょうか.「goo辞書」で調べてみました.

 

「偶然」:他のものとの因果関係がはっきりせず、予期できないような仕方で物事が起こること。

「奇蹟」:常識で考えては起こりえない、不思議な出来事・現象。

 

…なるほど.

つまり,「友達も親も,予期できないような出会いではないけど,常識ではありえないような不思議な出会いなんだよ」といった感じの解釈でしょうか.

すごいですね…考えれば考えるほど,この詞の深さを感じます.

 

次に「セオリーなんて本当はなくて」「初めてのことが物語を毎日紡いでく」というところです.

 

まずはセオリーって何ぞや?これも調べてみました.

「セオリー」:理論

 

…ほう.

「理論なんてない.初めてのことが自分の物語を作っていく」といった感じでしょうか.

 

今日はここまで考察してみました.

詞が深すぎて沼にハマりそうです.

ではまた.

合唱同好会2年目

新歓だったよ!

というだけの内輪ネタだけのぶろぐです.

あんなに一年生がいてオロオロしちゃいました.

新歓はなんとかなったような気がします.
あーでも、明日は寮の新歓ですね.
不安が募るばかりです.

今日は色々なことがあったけど,やっぱりこのメンバーの雰囲気は大切にしたいなぁと思いました.

新入生をみてると,自分が1年生だったころを思い出します.

合唱同好会なんてなかった当時のことを.

その1年後にはまさか,合唱同好会ができているなんて思いもしませんでした.

できてからも,1年目は何もかもが手探りで.

発足4か月でNHKコンクールに出たなぁ.
工嶺祭で発表した後でそのまま清泉に行って歌ったり.
五送会で前代未聞のジャパリパしたり.

入学式で校歌を歌わせてもらったり.


そしていよいよ,発足2年目に入った合唱同好会.

いつの間にか,こんなに仲良くなったメンバーたち.
本当に幸せです.

今年度も頑張ろう!

 

新入生の皆さん,ぜひ合唱同好会に入って一緒に歌いましょう!!

県リーダーズのおはなし 第3話「かめむし」

第2期長野県リーダーズコールの合宿の話です!

f:id:shimoemon:20170401165623j:plain

Facebookとほぼ同じ内容なので,ブログ用に見やすく見出し付けなどしていません!)

期待されているのか分からないんですけど,日に日に僕のブログの閲覧数が増えてきてて少し恐怖を感じてます!

そして相変わらず長文です,よろしくお願いします!!

*****

合宿についての大まかなことはブログや高文連のFBページに載っているので,
僕は細かい思い出や,あの時実はこんなことがあった,という裏話を交えて書いてみようと思います.

先生に「団長は様々な思いを抱えて合宿にきているから,そんな断腸(団長)の思いを…」と言われてしまいましたが,そんな僕は2日間ずっと頭痛でした.

今回の合宿,団長ということをとても感じました.
「団長よろしく!」「団長ならやってくれる!」という感じにめちゃくちゃ頼っていただきました.

正直結構大変でしたけど,楽しかったです!!

まぁ,楽しく交流しましょう!とか言っていた自分が一番交流できていないような気もしましたが…笑

*****

まず,ミーティングについて!(個人的な反省です)

本当にずっと試行錯誤を繰り返していました.
1日目はなんとか意見がたくさん出るように,椅子を出さずに輪になって,誰でも意見を出してもらえるように工夫して,でもあんまりうまくいかなくて,
夜に先生と2日目の打ち合わせを済ませた後,1日目の改善点をひたすら考え,結局時間がなくて寝れないまま2日目に突入.
なんとかそれらの意見がまとまるように工夫できるところをとことん工夫して…ようやく,とりあえずというところまで持って行くことができました.

(そういえば,合宿1日目の夜に団長副団長が先生に怒られたという噂が流れているそうですね!
そんなことは全然無い(めちゃくちゃ重い話をしていた)んですが,せっかくエイプリルフールなので噂のままにしておこうかと思います.)

…最近,
「上の人で決めちゃえば団長も皆も楽じゃん,歌いに来ているんだから話し合いなんかやらないでほしい」
とか言われることがあります.

こういう意見を聞くと,僕は「全員が」話し合いに参加するということにこだわりすぎているのかもしれないと思います.

今後,どのようにリーダーズで話し合いをするか,大人数で話し合いをするときにどうすればいいか,もっと考えていきたいです!

できなかったことは仕方ないので,次にまた同じことを繰り返さないように頑張ります!

*****

突然ですが個人的な思い出ベスト3を発表します!

1位は,第3期団長になるかもしれない人が分かったことです!
「きっと第3期は団長だよ!」と,そんな話を本人を交えてしました.
信州総文祭頑張ってくださいね!!
(僕もピアノ弾けるようになりたいなぁ…)

2位は,男子部屋の人が口々に「彼女欲しい~」「恋してぇ~」と言っていたことです!
合唱人は合唱を愛していると思うんですけど,やっぱり何かが足りないんでしょうか…?

f:id:shimoemon:20170401165720j:plain


このメンバーで,そういえば「ない○○○○がある」っていう話もしましたね!笑

3位は,今までで一番星が綺麗だったことです!!
あんなに満天の星空は,人生で初めてでした.
思わず「ここで死にたい」とか呟いてしまうくらい,その綺麗さに圧倒されました.

番外編ですが,今日から国立信州高遠青少年自然の家のHPがリニューアルされていて,地味にディープインパクトでした.

*****

ここからは感謝のコーナーです.

まずは,ふくだんちょ!
勝手なことをする団長でごめんなさい!
ひたすら振り回してしまいました!
でもUNOできてよかったよ!

f:id:shimoemon:20170401165822j:plain


山札を俺にばっかり整理させるのやめてください!笑
本当にお世話になりました.ありがとう!

バスのパーリー!ケンちゃん!
(って呼んだことあんまないけど!)
わーい!夜はちゃんと寝る真面目なフレンズなんだね!すっごーい!
色んな相談にのってくれて,めちゃくちゃ助けられました!
特に交流会については本当にありがとう!
うん、ありがとう!!!(2回目)

ゆまいさかーー!
さすが,ザ☆ムードメーカーだった!
色んな所でそのゆるふわにパリピでウェイな感じに助けられました!
ありがとう!

さきさん!
同じくゆるふわでパリピなウェイ!ってお願いしたね!
きっと普段はあんなことしないんだろうなぁ~って思いながら見てました!(失礼)
どうでもいいけど見ているだけで部長オーラ?がすごいから頭が上がりません!
ありがとう!
たぶん合宿中に一度も話してないような気がする!!なんでだ!

丸山さん!
なんて呼べばいいかわかんないけど意外と絡んだね!
面白いなぁ~!なかなかいないキャラだった!
これからも頼るね,ありがとう!

若様!
カッコいいなぁ…羨ましいなぁ…
交流会のときのリーダーシップはさすがだったよ!
アンケートに,
【「夜明けから日暮れまで」と見せかけて~というあの演出の発案者はすごいと思いました。】
って書かれてたよ!
ピアノも素敵だった!
ありがとう!

久松くん!
男子部屋で意外にすごいこと言うからびっくりしたよ!
期待のhopeだ!ありがとう!
総文祭テーマを別の言葉で覚えよう作戦が大成功してよかった!
30分くらいずっと考えてたね!w

チームやまぐちのふたり!
あんなに2人で行動してるとは思わなかった!
仲良いんだね!!羨ましいよ!!
何かあったらたすけて!
ありがとうありがとう!

そして先生方!
団長挨拶とかで全然まともなことを言わない(残念な)団長で申し訳ありませんでした!
先生方にはとても助けていただきました!
今後,さらに頼られる団長になるべく日々精進します!
総文祭のステージではちゃんと信州総文祭のPRします!!
ありがとうございました!!

そしてここに書いていない他の県リーダーズの皆さんも,本当にありがとうございました!!

*****

今日から平成29年度!
平成28年度の行事はすべて終わり,いよいよ総文祭まで4か月です!
という話を何人かとしててハッとするんですが,総文祭を終えたらこの団は解散してしまうんですね.
こんなに最高の仲間ともう会えないと思うと…

合宿で「Sanctus-Benedictus in G」や「歌になりたい」を歌っているだけで涙が出てくるのに,総文祭のステージで泣かないわけないがないなぁと思って既にもうつらいです!


うまくしまらないですね!
一回一回の合唱できる機会を大切にします!
合唱の幸せを身に染みて感じました!
本当に,ありがとうございました!!

県リーダーズのおはなし 第2話「がっしゅく」

今回は,28日~29日に行われる県リ合宿についてです!適当に書きます!

目次

 

がいよー

長野県リーダーズコールの合宿は,3月28日~29日までの1泊2日の日程で行われるそうです.

場所は「国立信州高遠青少年自然の家」!

長野県の4地区から総勢100名弱のメンバーが集う予定です.

 

主な活動内容は「合唱練習」と「ミーティング」!

" One for SOBUNSAI, All for SOBUNSAI " の精神で二日間活動します!

 

こんだて

そうはいっても「腹が減っては戦はできぬ」です.

あぁ…そういえばご飯は何が出るのカナ~おいしいカナ~って,Yahoo!でググってたらですね…

おぉ~ありましたありました!!献立表です!!(歓喜の舞)|:3ミ

http://takato.niye.go.jp/02_pdf/08syokudo/kondate_17_1_2_3.pdf

まぁアニメみたいに,ネタバレは嫌じゃヨ^~ 嫌じゃヨ^~って人もいると思うので閲覧は自己責任でお願いします(献立だけどね).

よく知らんけどバイキング形式なのかな,「油そば」とか書いてありますね.マジか.

美味しいご飯を食べて,お腹が満たされたらいっぱいお歌を歌いましょう.

 

歌ってワクワク!

アー,やっぱり本業は歌うことですね.

せっかく合宿なんだから交流だけでも良いような気もするんですが,まあそれは置いといて…

何を歌うのか!気になって朝も起きれませんでしたが…

ネット上で公開して良いのか少し疑問なので,あくまで僕の予想として言いますね.

 

あぁ^~あくまで予想だけど,たぶんこれを歌うんじゃないかな~

はい,どちらもなかなか輝かしい曲です.

 

一応参考演奏をYoutubeからひっぱってくるか…ドンッ!と!


松下耕 Ko MATSUSHITA「Sanctus-Benedictus in G」SATB

これがこれで…ホイッと!


信長貴富 Takatomi NOBUNAGA 「歌になりたい」" I want to become a song"

これがこれですね!

 

カッコいいなぁ…「I want to become a song」なんてかっこよすぎる.

もっかい言いますね.

I want to become a song

カッコよすぎて惚れます.

 

…もっかい言いますね.

I want to become a song 

あ~いいね.すごくいい.

まぁ,ココで言うのもあれですけど,歌も大事なんですがやっぱ交流大事だと思いますね.

 

こうりゅう!

交流しないとやっぱり友達ってのは増えません.

「高らかに笑い笑えばフレンズ」ふれんずーようこそジャパリパークへ(初回限定盤)

とかよく言われるように,どんどん交流して輪を広げて県リ全体でひとつの輪になれば面白いですね.

 

あ~!

輪といえば,中学の時のNコンで「虹の輪の花」を歌う学校めちゃくちゃ多かった!

歌った人いたら合宿の時に俺に歌ってくださいね.結構好きな曲です.

 

こんな怒られそうなくらいおちゃらけたブログを書きつつ,団長挨拶を考えつつ,交流会のTTを組んでますね~

そういえば今回の合宿では,役員とかそういうのに関わらず,色々な人がみんなの前に出てもらえればいいかなぁと思ってます.

というのも…

仲の良い合唱団は歌声も良い

って思うんですます!

最初に言った通り,100名くらいいる合唱団が歌うんだったら,お互いのことわかってた方が断然良いに決まってますです.たぶん.

学校の枠を越えましょう越えましょう,一つの合唱団なんだから.

 

あーあと言いたいことがあります!

信州総文祭が迫ってるから1年生を育てたいのは分かります,でも現2年生のことをおざなりにしないでください!

コレです._( _´ω`)_ペショ

確かに早いうちから先を見据えることは大事ですけど,足元をおろそかにすると全てがなくなっちゃいます._( _´ω`)_ペショ

第1期の皆さんが築いた,第2期は強固なものにし,第3期はその上で輝くってもんじゃないんでしょうか._( _´ω`)_ペショ

_( _´ω`)_ペショ_( _´ω`)_ペショ_( _´ω`)_ペショ

 

では!

いよいよ合宿です!

この合宿がメンバーのまとまりを深める良い転機となるように,そして楽しい思い出となるように!

役員としても頑張りますが…!

それぞれがそれぞれの持ち場でご奮闘願います!

わーい!

#Nコン2017 「君が君に歌う歌」考察①

著者注:こんなブログを読むことはおススメしません。

 

先日,ようやくNコン2017 高校の部の課題曲「君が君に歌う歌」が発表されました.

そこで今回は,この課題曲の歌詞について考察してみました.
 
なお,あくまで僕自身の私見であり,また言葉遣いについても口語を用いてる箇所が多々あります.
 
読んでいただけるという方は,読みづらさ,うざったさをご了承ください.
 

目次

  • 目次
  • はじめに
    • 課題曲に対する疑問
  • この歌詞は誰目線…?
    • しかし僕は焦らず読み進める
    • じゃあ「いつかの君」って誰だよ!
    • 恐ろしい歌詞 
  • おまけ【県リーダーズ合宿に参戦】

 

考察まで飛びたい方は,目次の「この歌詞は誰目線…?」を押してください.

 

はじめに

今年の高校の部の課題曲についての情報をまとめました.

タイトル「君が君に歌う歌」

作詞者:リリーフランキー

作曲者:大島ミチル

 

課題曲の音源についてはこちら↓


Nコン2017 高等学校の部 課題曲 「君が君に歌う歌」 混声四部合唱【Full ver.】

 

詳細はコチラ

www.nhk.or.jp

 

どうやらフルバージョンとショートバージョンがあるらしいですね.

ショートバージョンでは歌詞の一部を省略することで50秒ほど短縮されています.

 

課題曲に対する疑問

しかし…ひとつの合唱曲が,ましてや課題曲が,

2パターンの歌い方があるというのはどうなのでしょうか.

 

全国コンクールではフルバージョンだそうですが,

地区やブロックはまだ未定だそうです.

 

非常に疑問.

 

これが最後のNコンになる生徒もいるというのに,

「俺,ブロック行けなかったからフルバージョン発表できずにNコン終わったわ…」 

なんてことが生じるのではないでしょうか.

 

勝ち上がらなきゃ正規の課題曲を歌えないのか??

勝ち上がれない学校は短縮版しか歌えないのか??

 

全国の高校生の間で微妙な格差をつけることは強く遺憾です.

 

2017/05/07追記

今年度のコンクールでは、全てにおいてフルバージョンと決まりました.

格差がつくことなく歌えること、ありがたいです.

 

さて,それでは考察を始めますー!!

わーい!

 

続きを読む