しもえもんのぶろぐ

しもえもんのブログ。思ったことを思ったままに。合唱好きの高専生。

このブログの内容は、ブログ管理者の所属する団体とは無関係です。

「合唱が好き」とは?

僕は合唱が好きだ。皆で合唱することが好きだ。一緒に合唱する仲間が好きだ。合唱ができる場所が好きだ。

でも、わからない。「合唱が好き」ということは、どういうことなのか?

 

最近、僕は2つのコンクールに出場することができた。結果はどちらも銅賞。悔しい結果ではあったが、とても達成感があった。

それは、一緒に合唱する仲間がいたからだ。大切な仲間と一緒に合唱ができたこと、それだけでとても充実していた。

この充実は、僕が「合唱」という行為そのものを「崇高なモノ」と認識しているからなのかもしれないし、合唱できる場所がないために合唱ができなかったという過去を持っているからなのかもしれない。

 

では周りはどうだろう。僕以外の他の人は、どういう思いでコンクールを終えたのか?

Twitterという狭いコミュニティの一部を垣間見るだけで、多種多様な思いがあったことが分かった。

多くを占めるのは、金賞で嬉しいだとか、銀賞だけど上位だったから嬉しいだとか、あの審査員の先生が高評価してくれただとか、そのようなものだった。その背景に、今までの努力が実ったことへの喜びが溢れていることも分かる。

確かにコンクールというものは、各学校の涙ぐましい努力の先にあるものなのだから、そのような感情があって当然なのだろう。

だからこそ、わからない。僕は「合唱が好き」なのだろうか?

 

様々なスポーツと違って、音楽には明確なルールがない。

多くの人が「この演奏は凄い」と思っていても、審査員の先生方がそう判断しなければその人たちが思った結果にはならない。逆もまた真で、多くの人があまりよく思わなくても、審査員の先生方が良いと判断すれば結果がつく。

音楽は難しく、繊細なものだ。

でも、楽譜という目印を頼りに、何かを、形の見えない何かを目指すことはできる。

審査員の先生方に好まれる演奏を目指す人もいるだろう。審査員の先生方に限らず、演奏を聴きに来てくれた顔も知らない誰かに感動してもらえるような演奏を目指す人もいるだろうし、自分たちが満足できる演奏を目指す人もいるだろう。

コンクールの場合、同じ舞台で同じ天秤にかけられるが、目指す演奏は確実に違う。それこそが音楽の面白いところだと思う。

 

色々なカタチがあって、きっとそれでいいんだろう。僕の考える合唱は、皆の考える合唱とは違うはず。

合唱に携わる人それぞれが、自分にとっての合唱はこういうものなんだ、そんな「合唱が好き」なんだという思いを持っていれば、それでいい。

 

僕はやっぱり、合唱が好きだ。

県リーダーズのおはなし 第5話「みやぎそうぶん」

Facebookの投稿と同じものです。

8月3日~5日にかけて、#長野県リーダーズコール として #みやぎ総文2017 #合唱部門 に参加してきました。
そして同時に、第2期長野県リーダーズコールは幕を閉じました。

第1期に入っていない、第2期から突如現れた自分が「団長」になって、その責任は重くのしかかってきました。でもその分、団長という立場だからこそできたことがとても多かったです。
「やるからには全力で」と思い続け、県リーダーズのためなら松本でも上田でもとことん向かい、夜を徹して台本を書き、他にも様々なことで悩んだりしました。それはやっぱりつらかったけど、今振り返るととても思い出深いです。

本番での演奏は、とにかく皆が輝いていたように感じました。
「Sanctus-Benedictus in G」「歌になりたい」の2曲を歌う最中ずっと、ホールの端から端まで美しい音がずっと響き渡り、終わった瞬間に最高の余韻がありました。
長野県中から集まった合唱を愛する高校生たちの本気の力・エネルギー、そして強い想いがあったからこそ、宮城の舞台で光り輝くことができたんじゃないかと思います。
発足からおよそ8か月間、集まったのは両手で数えるほどの回数でしたが、武田先生からの的確なご指導があって、とても良い音をつくり上げることができました。
武田先生、本当にありがとうございました。

f:id:shimoemon:20170806232117j:plain

そしてその演奏から5時間後、今度は閉会式の舞台上で、次年度開催県挨拶として信州総文祭PRタイムを行いました。前日のリハーサルから不安が大きくなり、始まる直前まで緊張していたのですが、「信濃の国」を歌い始めてステージに上がるといつの間にか緊張はなくなり、とにかくステージを楽しむことができました。
落ち着いていたからかセリフが飛んでしまうこともなく(自分で11回も書き直している甲斐もあって)、アドリブを少し交えることもでき、進行という大事な役目を果たせました。

f:id:shimoemon:20170806232247j:plain

他県の人との交流も積極的に行いました。何しろ来年は #信州総文祭 です。そのための宣伝は欠かせない…!と思い、自らプラカードを持ち、他の県のプラカードを持っている人に話しかけに行きました。
その人たちからの長野県の評判がとてもよくて、
「閉会式での演奏、痺れました…ほんといい曲だし歌うまいし、格好良かったです」
「今日の閉会式のPR、素晴らしかったです!!来年、長野に行けるようにがんばります」
「信州総文の紹介すごく面白かったです」
などなど、素晴らしい高評価をいただきました。とても嬉しかったです。
全国各地に合唱を愛する人がいるって、とても幸せなことです。

f:id:shimoemon:20170806232218j:plain

いつも相談に乗ってくれたり、心の支えとなってくれた副団長はじめ、他のメンバー、本当にありがとう。
そして、長野県リーダーズコールの運営をしてくださった先生方には深く感謝いたします。
先生方には何もかも頼ってしまい、幾度となくご迷惑をお掛けしてしまいました。
ですが、近藤先生、宮下先生、清住先生をはじめ、すべての先生方のご尽力あって、長野県リーダーズコールという合唱団が、宮城の舞台で輝くことができました。
本当にありがとうございました。

もしかしたら、もう会えない人もいるかもしれない。それはとてもつらく、寂しいことです。
でも、宮城で得た感動、かけがえのない仲間との最高の思い出は、永遠に皆の心に生き続けます。
この経験を糧に、これからの人生を歩んでいきたいと思います。

このメンバーで合唱することができて、本当に良かった。みんなのことが大好きです。

また散らばっても、集まりましょう!
近いうちに松本で打ち上げでもしたいです…!笑

何があっても大丈夫 あたたかなこのふるさと
大切な仲間たち どんなときもここにある
そんな日々が宝物

 

f:id:shimoemon:20170806232423j:plain

 

追伸
写真や動画などありましたら、僕宛に送っていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

思い出の行方

中学でバレー部だったころ書いていた部活ノートが出てきた.

思いのほか凄いことを書いていたので,少し読みやすく書き改めてみようと思う.

 

 

人にはさまざまな記憶がある.

日を重ねていくごとに,人は新たな記憶をつくっていく.

だが,そんな中でも忘れない記憶こそが「思い出」なのだ.

 

そんな思い出は,様々に形を変えて現れることがある.

とてもつらい出来事が.時間の経過とともに楽しい思い出になる時がある.

しかしその逆もある.

今までは楽しい思い出だったのに,ある日突然つらい思い出になる時もあるだろう.

その時の心へのダメージはとても大きい.

 

楽しかった思い出がつらい思い出へと変わってしまったなら,楽しかった思い出はなくなったのだろうか.

少しずつ形を変えながら,楽しかった思い出は心の中に生きているはずだ.

その思い出自体が,楽しいものなのだから.

 

けれども,楽しかった思い出を思い出したくない記憶にしてしまうくらいなら,「いま」を頑張る方がずっといい.

大切に積み重ねてきた出来事がつらい思い出にならないように.

今となってはほろ苦い思い出…というのはきっと誰にでもあるが,いまの頑張り次第では,将来ほろ苦い思い出になるような出来事も,単純に最高の思い出にすることができるのだから.

#Nコン2017 「君が君に歌う歌」考察③

なぜか「君が君に歌う歌」と検索するとトップに出てくるこのブログ.

なんとなく3回目の更新です.今回はまともなこと書くので読む価値ありですよ~(適当)

 

過去の記事はこちらから!

#Nコン2017 「君が君に歌う歌」考察① - しもえもんのぶろぐ

#Nコン2017 「君が君に歌う歌」考察② - しもえもんのぶろぐ

 

~目次~

歌詞

f:id:shimoemon:20170608190724p:plain

昼?夜?

この歌詞をよく見ると,昼間と夜と,二つの時間帯があることに気付きます.

前半,「雲はちぎれて」「足元に舞う桜の花びら」という歌詞を見ると,どうやらここでは,もちろん時間的変化はあるんですが,歌詞に書かれている時間帯は昼間のような感じがしますよね(?)

しかし後半はどうでしょうか,「夜空」が出てきます.

あっという間に夜です.早かった.

この主人公*1,夜に冒険してるんですね.イケメン.

終わりの方でも同様に「全ての星は…」という歌詞が出てくることから,ここでも夜だということが分かるかと思います.

同じ言葉でも環境が違う

ところで,改めて歌詞を見てみると,一部分だけ全く同じ歌詞が使われているところがありますね.

f:id:shimoemon:20170608190904p:plain

ここです.オレンジで囲ったところ.サビの部分ですね.

とても大事なこの歌詞,,,,昼と夜で1度ずつ言ってますけど,全く同じだとかそんなことは無いんですよ!

調だって変ロ長調からハ長調に変わっています.(初めて音楽的なことを言った)

まぁ調が変わっているのも一つの変化なんですが,他にも時間的な変化があります.だんだんと主人公は成長していっていますよね.

・・・そして,昼と夜という時間帯が変化しています.

昼のあとには暗い夜が待っていて,夜の後には明るい朝が待っていますよね.

 

もちろん,だんだんと主人公が成長したから

「今 君の未来が 小さく暗く見えていたとしても その想像通りにはならないから 心配しないでほしい」

ということでもあるのだろうと思いますが,暗い夜に向かう中で

「今 君の未来が 小さく暗く見えていたとしても その想像通りにはならないから 心配しないでほしい」

と言うのよりも,明るい朝に向かう中で

「今 君の未来が 小さく暗く見えていたとしても その想像通りにはならないから 心配しないでほしい」

と言ったほうが,「小さく暗く見えていたとしても その想像通りにはならない」という部分がより強調されているように感じます.

 

成長する上での色んな変化,ですかねぇ…

「星」

この曲の歌詞大好きなんですけど,こんなところありますよね.

夜空に浮かぶ 大きく光る星は

近くにいるから そう見えるんだ

消えそうな 小さく 暗い星を

指差してごらん

今 明るく見える星を通り過ぎて

瞬く そこを 目指してごらん

遠くにあるから 暗く見えているけれど

本当は どうなのか 見に行こうよ

どれだけ 美しく 輝いているのか

さぁ

この突然現れる歌詞ね.

「清流と濁流を … 君は大人になってゆく~!」

っていう盛り上がりを越えた先で,突然主人公は空を見始めてしまいました.

この歌詞は全体でどういう役割を果たしているんでしょうか.

僕はこれまで,最後にある「さぁ」という歌詞のための前置きなのかと思っていたんですね.

気持ちが高揚していって,さぁ冒険しに行きますかぁ! みたいな.

 

でも引っかかるところがあります.

「小さい」「暗い」という言葉がこの部分に出てきてますよね.

これどっかで見たことある気がしたんですよ.

ここで歌詞を見直してみます.

f:id:shimoemon:20170608200817p:plain

見てみると,青枠で囲ったように,サビの部分に「今君の未来が【小さく 暗く】」と,現れています.

この共通点から,2つを比べてみると,確かに似てると感じませんか…?

 

もっと詳しく見るために,今度は「星」に注目してみます.

要約すると,「今明るく見える星を通り過ぎて,小さく暗い星を目指してごらん,小さく暗い星は遠くにあるから暗く見えているけれど,本当はどれだけ美しく輝いているのか見に行こうよ」

とありますよね.そして赤線&赤矢印を見てください.

後半で,「すべての星は同じようにキラキラ輝いていた」とあります.

つまりこれって「星が 小さく暗く見えていたとしても,明るく見えていたとしても,実は全部同じように輝いているんだよ」という風に読み替えられます.

 

ここでサビの歌詞をさらに振り返ってみます.

「今 君の未来が 小さく暗く見えていたとしても その想像通りにはならないから 心配しないでほしい」

とありますよね.気が付きませんか…?

 

今までのことを踏まえると 「星」という言葉は,「未来」という言葉を指しているんじゃないかと僕は感じます.

 

そしてこれこそが,この歌の最大のポイントだと思います.

これから自分の身に起こる様々なことを未来から現在の自分に言い聞かせて,「その想像通りにはならないから心配しないで欲しい」なんて言ってるわけじゃなかったんです.

 

「未来がどう見えていても,どんな未来であっても,それはすべて同じように輝いている.」

 

この素晴らしいメッセージを込めて、「君が君に歌う歌」としたのではないでしょうか。

*1:主人公がだれなのかは考察①を参照

県リーダーズのおはなし 第4話「いしき」

10人いれば10通りの思いがあるわけで、100人いれば100通りの思いがあります.
自分の中でまとまっていない思いを県リーダーズのグループ通話で10人くらいにそのまま打ち明けてみたんですが、そのほとんどの人がFacebookに思いをのせてくれたり、LINEで自分の考えやアドバイスを言ってくれたり、とてもうれしかったです.
文章になっている部分はもちろん、行間を読むくらいの勢いで全てを熟読しました.
 
そして、冒頭で書いた通り、やっぱり大半の皆は県リーダーズに参加するにあたって何か意思をもって来ているんだなぁと改めて感じました.
本当に大好きで尊敬していた先生から言われた言葉でこんなものがあります.
 
『どんな動機であれ、その集団に入ったからには真剣に取り組まなければならない。低い意識の人を排除するのではなく、一緒に高い意識で取り組むにはどうしたらいいか考えることで、みんなが成長できる。』
 
この言葉、今の僕の考え方にとても深く根付いています.
例えばルーム長、生徒会役員、部長、会長、団長など、まとめる側の立場になると必ず、集団の中の意識の差に気付く瞬間ってあると思います.
どうやっても意識の差は必ず生じます.そういう現場をずっと見てきました.
 
特に顕著なのは学校の授業です.
意識の低い人(寝ている人など)を無視するような授業、敵視する授業、軽蔑する授業・・・様々な授業があると思います.
これらは全て、意識の低い人を排除する授業です.
いつまで経とうとその人の意識が前向きに変わることなんてないでしょうね.
でも、全員が高い意識をもって取り組めるように工夫されている授業ってのも少なからずあります.
違っているのは先生だけです.
 
意識の低い人が生まれるかどうかって、その集団をまとめる人にかかっていると思うんです.
 
僕はこれまで、県リーダーズの何人もの人と話をしてきました.
各校の部長さんとかリーダーシップのある人の考えも、あまり前に立つのは苦手だなぁっていう人の考えも、たくさん聞きました.
みんなすごい人ばっかりなんですよ.この県リーダーズ
とても秘めているチカラが勿体ないくらい、みんなすごいんですよ.
チャンスがあれば、輝ける人ばかりです.
 
だから僕は、毎回の県リーダーズで隅っこに座ってるような人に話しかけてみたりしてます.
「うわっ団長サンですか…?!」みたいにリアクションされますけど、話してみると「特に喋るような仲いい人もいないので隅っこで座ってます…」とかいうんですよ.
でもこういう人って、周りを見る目がとても秀でてるんです.
僕は何か困ったら、まず聞いてみることにしてます.
「これはどう思う?」とか、「どうしたらいいかな?」とか.
予想をはるかに上回る答えがポンポン出てきます.本当にすごい人たちです.
 
しかもこうやって頼っているうちに自然とその人は確実に意識が高くなっていきます.
もうプラスのことしかないです.
 
まあもちろん、僕の進行のここはこうしたら良いんじゃないかとか、県リーダーズへの思いは強いけど声は弱いとか(ただの悪口…笑)、僕への意見もたくさんくれます.
 
「今までなんでこんなすごい意見言わなかったの?」と聞くと、皆は口をそろえて言います.
 
「言える環境じゃなかった」
「言える仲間がいなかった」
 
意識は確かに低いかもしれないけど、排除するようじゃやっぱ変わらないんですよね.
少しの工夫次第で、その人の意識なんて変わると思います.
 
『成果=情熱×能力×考え方』という風に言う人がいます.
人による差が少ないのは能力.
でも、能力の差を1~10だとすると、情熱の差は1~100くらいあるそうです.
考え方は、プラスかマイナスしかない.
この式は掛け算なので、どんなに情熱や能力が高くても、考え方がマイナスなら成果もマイナスになってしまう.
 
プラスの考え方で、高い情熱をもって、もっともっと、頑張っていくしかないです!
 
歌が上手い集団は仲が良い、ということを前にも述べたんですが、「歌が上手くなりたい!」という意思で県リーダーズに臨んでいる人たちには、僕からすればぜひ、色んな人を巻き込んでほしいです.
自分の周りの一部だけで歌うとか、集団の中で集団をつくることも良いとは思うんですが、せっかく県で集まっているんだから、もっと全体で動きたいなぁって思います.
まぁ…僕は歌が上手くないので、巻き込んでほしいなぁ…なんて思ってます(笑)
 
この投稿を書いていて、気持ちが整理できたように感じます.
しかし図らずも「君が君に歌う歌」を聴きながらこの投稿を書いてしまったために涙が溢れそうです…笑
 
この歌詞めちゃくちゃ好きです.
 
清流と 濁流を 乗り越え
倒れたら 立ち上がり
汚れたら また洗って
君は 大人になってゆく

Nコン問題について

~数十年前~

NHK「課題曲どんどん難しくしてくで」

合唱人「難しすぎる!参加しない!」

→参加校数の減少

 

NHK「参加校も視聴率も減ってしまうどうしようか…」

 

~ここ数年~

NHK「親しみやすいポップスにして、難易度も易しめにしたで」

合唱人「すごい!楽しい!参加しよう!」

→参加校数の増加

 

~最近~

NHK「今年はAKBさんの力借りてもっとNコンの知名度上げるで」

合唱人「なんだこの曲は!簡単すぎる!これじゃ教育に悪い!」

指揮者「NHKに直訴する!昔の本格的な合唱曲にしろ!」

NHK「」

#Nコン2017 「君が君に歌う歌」考察②

不思議なことに「君が君に歌う歌」や「君が君に歌う歌 歌詞」と検索するとこのブログが出てくるそうで…恐怖を感じております.

 

課題曲の歌詞についてはコチラ( 課題曲紹介 | NHK )をご覧くださいね.

 
僕は単に考察しているだけなのです.
 
それでも読んでいただけるという方は,読みづらさ,うざったさをご了承ください.
 

 

はじめに

前回同様,今年の高校の部の課題曲についての情報です.

タイトル:「君が君に歌う歌」

作詞者:リリーフランキー

作曲者:大島ミチル

 

課題曲の音源についてはこちら↓


Nコン2017 高等学校の部 課題曲 「君が君に歌う歌」 混声四部合唱【Full ver.】

 

 

フルバージョンとショートバージョンがあるのですが,都府県地区の全コンクールでフルバージョンを歌うという発表がありました.

何のためのショートバージョンなのかとも思いましたが,もしかすると予選のある県などで使われるのかもしれませんね.

それとも,何か違う意図があったのでしょうか.

 

ここからは考察です.

前回のを読んでいない人はこちらから↓

shimoemon.hatenablog.jp

 

それでは考察②いってみましょう!

僕は君に未来を突き付けられる

さぁ歌詞を見ていきましょう.

まずはこの部分.(奇蹟的にという漢字が間違っています申し訳ありません)

f:id:shimoemon:20170415205904p:plain

 

前回の考察で「君」が「現在の自分」であるということが分かったことを踏まえて読み進めると…

「高校卒業」→「大学入学」→「恋愛」→「別れ」→「大学卒業」→「就職」

という流れになっているような気がします.

まぁ大まかなところは分かるかと思います.

 

ちなみにここでは二つの「涙」が出てきます.

*相手の痛みをわかるようになったから止まらない涙

*自分の可能性を信じているから止まらない涙

深いですねぇ…想像すると泣けてきますが,ここに述べた通り,二つの涙は全く違うものですね.

歌い方も変えていく必要がありそうです.

 

次に行きましょう.ここも独特です.

最初に「偶然なんて本当はなくて」とありますが,最後には「奇蹟的に出会えたって気づく」とあります.

同じもののようにも考えられる「偶然」と「奇蹟」ってどう違うんでしょうか.「goo辞書」で調べてみました.

 

「偶然」:他のものとの因果関係がはっきりせず、予期できないような仕方で物事が起こること。

「奇蹟」:常識で考えては起こりえない、不思議な出来事・現象。

 

…なるほど.

つまり,「友達も親も,予期できないような出会いではないけど,常識ではありえないような不思議な出会いなんだよ」といった感じの解釈でしょうか.

すごいですね…考えれば考えるほど,この詞の深さを感じます.

 

次に「セオリーなんて本当はなくて」「初めてのことが物語を毎日紡いでく」というところです.

 

まずはセオリーって何ぞや?これも調べてみました.

「セオリー」:理論

 

…ほう.

「理論なんてない.初めてのことが自分の物語を作っていく」といった感じでしょうか.

 

今日はここまで考察してみました.

詞が深すぎて沼にハマりそうです.

ではまた.